シミ治療はレーザーなどで

お肌にできてしまいますととても気になるもの、それがシミです。


特にお肌が白い方は、できてしまいますと目立ってしまいます。


とは言っても、シミを目立たないようにするために日焼けしよう、というのは完全に間違いです。

池袋の肝斑の専門サイトのこちらです。

日光の紫外線がその原因となるからです。

紫外線の害からお肌を守るために、メラニン細胞がメラニンを作り、その色素がお肌に残ってしまうのが原因です。

そこで、まず必須となるのはUVケアです。
冬以外の季節は日焼け止めで皮膚を紫外線から守りましょう。

さて、それではできてしまったシミを消すにはどうすればよいでしょうか。



セルフケアの方法としては、美白成分の入ったコスメを使ったり、ビタミンCやEなどを飲むというものがあります。

しかし、すぐに効果を出したい、あるいはこうしたケアが面倒だという場合には、医療機関で治療を受けましょう。

たとえばレーザー治療を受ければ、1個あたり数千円という料金ですぐにシミを消すことが可能です。


即効性という点でこれに勝る方法はないでしょう。



ただ、レーザーは点として治療をするのに向いています。
それでは小さなものが広範囲にある場合はどうすればよいでしょうか。
この場合には、光による方法がよいです。

安全性も高いですし、皮膚のコラーゲンを活性化することでお肌のハリも取り戻すことができます。ダウンタイムと呼ばれる、日常生活に支障が出る期間もありません。

あるいは美白効果のある薬を使うこともあります。